全訳演習(東工大)


2020年 東工大 英語全訳
① The idea that cooking is a defining human activity is not a new one. In 1773, the Scottish writer James Boswell, noting that "no beast is a cook," called Homo sapiens "the cooking animal." (Though he might have reconsidered that definition had he been able to gaze upon the frozen-food cases at Walmart.) Fifty years later, in The Physiology of Taste, the French gastronome Jean Anthelme  Brillat Savarin claimed that cooking made us who we are; by teaching men to use fire, it had "done the most to advance the cause of civilization." More recently, Levi-Strauss, writing in The Raw and the Cooked in
1964, reported that many of the world's cultures entertained a similar view, regarding cooking as the symbolic activity that "establishes the difference between animals and people."

料理は人間を定義する行動だという考え方は、新しいものではない。1773年にスコットランドの作家、ジェームズ・ボズウエルは「動物は料理をしない」ことに注目して,ホモサピエンスを「料理をする動物」と呼んだ。(もっとも、彼がウォルマートの冷凍食品ケースを目にすることができたなら、その定義を考え直したかもしれないが。) 50年後、フランスの美食家、ジャン・アンテルム・プリア・サヴァランは『美味礼賛』の中で、料理が私たちを今の私たち=人間にしたと主張した。人類に火を使うことを教えることによって、それは「文明の理念の推進に最も貢献した」というのである。もっと最近だと、レヴィ・ストロースは1964年に『生のものと火にかけたもの』の中で、世界の文化の多くは、同様の考え方、つまり、料理を「動物と人間の違いを確定する」象徴的な活動と見なすという見解をもっていると述べている。

② For Levi-Strauss, cooking was a metaphor for the human transformation of raw nature into cooked culture. But in the years since the publication of The Raw and the Cooked, other anthropologists have begun to take quite literally the idea that the invention of cooking might hold the evolutionary key to our humanness. A few years ago, a Harvard anthropologist and primatologist named Richard Wrangharn published a fascinating book called Catching Fire, in which he argued that it was the discovery of cooking by our early ancestors - and not tool making or meat eating or language - that set us apart from the apes and made us human. According to the "cooking hypothesis," the advent of cooked food altered the course of human evolution. By providing our forebears with a more energy-dense and easyto- digest diet, it allowed our brains to grow bigger (brains being notorious energy guzzlers) and our guts to shrink. It seems that raw food takes much more time and energy to chew and digest, which is why other primates our size carry around substantially larger digestive tracts and spend many more of their waking hours chewing - as much as six hours a day.

レヴィ・ストロースにとって、料理は人間が生の自然を加工された文化に変容させることの比喩だった。しかし、『生のものと火にかけたもの』刊行後数年のうちに、他の人類学者たちは、料理の発明が人間らしさを進化させるかぎだったかもしれないという考えをまさしく,文字どおりに理解するようになった。数年前に、リチヤード・ランガムというハーバードの人類学者および霊長類学者が,『火の賜物一ヒトは料理で進化した』という非常におもしろい本を出版し、その中で,私たちの初期の祖先による料理の発見こそが一道具を作ることでも肉食でも言語でもなく一サルから私たちを区別し、ヒトにしたと主張した。この『料理仮説』によれば、料理された食物の出現がヒトの進化の仕方を変えた。よりエネルギー密度が高く、消化しやすい食物を私たちの祖先にもたらすことによって、それは私たちの脳が大きくなり(脳はエネルギーの大量消費で悪名高い)消化管が小さくなることを可能にした。生の食物は噛んで消化するのにはるかに多くの時間とエネルギーを消費し、だからこそ、私たちと同サイズの他の霊長類はかなり大きな消化管を持ち、起きている時間のはるかに多くの時間を暗むことに費やす一1日6時間もーと思われる。

③ Cooking virtually replaced part of the work of chewing and digesting,and performed it outside of our body, using external sources of energy.
調理は,事実上、噛んで消化するという作業の一部を引き受け、われわれ身体の外部でそれを遂行した、
外部のエネルギー源を用いて、
Also, since cooking detoxifies many potential sources of food, the new technology cracked open a treasure trove of calories unavailable to other animals.
また,料理は多くの潜在的食料源を解毒するので,この新たな技術=料理は,他の動物には利用できないカロリーのtreasure trove宝庫をこじ開けた。
分詞構文(Being)Freed from the necessity of spending our days gathering large quantities of raw food and then chewing (and chewing) it, humans could now devote their time, and their metabolic resources, to other purposes, like creating a culture.
生の食物を大量に採集してから噛む(それも長々と)ことに日々を費やす必要性から解放されたので,ヒトは時間と代謝用のリソースを文化の創造のような別の目的に,充てることができるようになった。

④ Cooking gave us not just the meal but also the occasion: the practice of eating together at an appointed time and place. This was something new under the sun, for the forager of raw food would have likely fed himself on the go and alone, like all the other animals. (Or, come to think of it, like the industrial eaters we've more recently become, grazing at gas stations and eating by ourselves whenever and wherever.) But sitting down to common meals, making eye contact, sharing food, and exercisingself-restraint all served to civilize us. "Around that fire," Wrangham writes, "we became tamer."

料理は私たちに食事だけでなく,機会も与えてくれた。すなわち,決まった時間と場所で一緒に食べる習慣である。これは全く新しいことだった。なぜなら,他のあらゆる動物と同じく,生の食物を探し回る者はあちこち動き回り,単独で食べていただろうからだ。(いや,考えてみると,私たちが最近成り果てた,ガソリンスタンドで軽食を取り,いつでもどこでも1人で食べる,日雇い労働者の食べ方と同じだ)。だが、皆と同じ食卓に着いて,目と目を合わせ,食べ物を分け合い,自制を働かせることは,どれも私たちを文明化させることに役立った。「火の周りで,私たちはよりtame抑制的になった」とランガムは書いている。

⑤ Cooking thus transformed us, andbut not only by making us more sociable and civil. (once cooking allowed us to expand our cognitive capacity at the expense of our digestive capacity, there was no going back: Our big brains and tiny guts now depended on a diet of cooked food. (Raw-foodists take note.) What this means is that cooking is now obligatory - it is, as it were, baked into our biology. What Winston Churchill once said of architecture - "First we shape our buildings, and then they shape us" - might also be said of cooking. First we cooked our food, and then our food cooked us.

料理はこのように私たちを変容させた。しかし、それは私たちをより社交的あるいは文明化させるだけで私たちは変容したのではない。直訳ひとたび料理が消化能力を犠牲にして認知能力を拡張するのを許すと、もうあと戻りはできなかった。意訳ひとたび料理によって消化に使っていたエネルギーを認知能力の拡張に向け始めると、もうあと戻りはできなかった。私たちの大きな脳と小さな消化管は,料理された食物を取る食習慣に依存するようになった。(ローフード主義者はご注意を。)つまり,料理は今や義務である---言わば,私たちの生態に焼きこまれているのである。ウィンストン・チャーチルがかつて建築について語ったこと---「最初に私たちが建物を作り,すると今度は建物が私たちを作る」---は料理にも当てはまるかもしれない。最初に私たちが料理を作り,すると今度は料理が私たちを作ったのである。

⑥ If cooking is as central to human identity, biology, and culture as Wrangham suggests, it stands to reason that the decline of cooking in our time would have serious consequences for modem life, and so it has. 
ランガムが示唆するように,もし料理が人間の独自性,生態,文化にとって最も重要ならば,私たちが料理に費やす時間の減少が現代の生活に重大な影響を及ぼすのは当然であり,実際にそうなった。
Are they all bad? Not at all. 
それはすべて悪いことだろうか。そんなことは全くない。

The outsourcing of much of the work of cooking to corporations
企業に調理作業のほとんどを外注化することは
has relieved women
彼女たちを解放した 
of what has traditionally been their exclusive responsibility 
伝統的に女性のみに限られていた責任になってきたこと=家事から 
for feeding the family, 家族に食べさせるための
分詞構文making it easier for them to work outside the home and have careers.
そして、彼女たちが家庭の外で働き,キャリアを築くことを容易にした。

It has headed off many of the conflicts and domestic arguments that such a large shift in gender roles and family dynamics was bound to spark. It has relieved all sorts of other pressures in the household, including longer workdays and overscheduled children, and saved us time that we can now invest in other pursuits. It has also allowed us to diversify our diets substantially, making it possible even for people with no cooking skills and little money to enjoy a whole different cuisine every night of the week. All that's required is a microwave.

それは,性別役割と家庭内力学のこのように大幅な転換が必ず引き起こす対立や,家庭内の議論の多くを防いできた。それは1日の労働時間の長時間化や,子供たちの過密スケジュールを含む家庭内のあらゆる種類の他のプレッシャーを軽減してきた。そして私たちが時間を節約してその時間を他の仕事に振り向けられるようになった。私たちが食生活をかなり多様化することも可能にし,料理ができず資金が乏しい人々でも,毎晩全く違った料理を楽しめるようにした。必要なのは電子レンジだけである。

⑦ These are no small benefits. Yet they have come at a cost that we are just now beginning to reckon. Industrial cooking has taken a substantial toll on our health and well-being. Corporations cook very differently from how people do (which is why we usually call what they do "food processing" instead of cooking). They tend to use much more sugar, fat, and salt than people cooking for people do; they also deploy novel chemical ingredients seldom found in pantries in order to make their food last longer and look fresher than it really is. So it will come as no surprise that the decline in home cooking closely
tracks the rise in obesity and all the chronic diseases linked to diet.  SVO

これらは決して小きくない恩恵である。だがそれらは私たちが今ようやく考え始めている代償を伴う。産業労働者の調理は,私たちの健康と幸福をかなり損なってきた。企業は人々のやり方とはずいぶん異なる方法で調理する(だからこそ私たちは通常,彼らのすることを調理ではなく「食品加工」と呼んでいる)。彼らは人が他の人のために料理するより,はるかに多くの砂糖、脂、塩を使いがちである。彼らはまた自社の食品を長持ちさせ,実際より新鮮に見えるようにすべく,家庭の食料棚ではめったに見ることのない目新しい化学成分を投入する。だから、家庭料理の衰退が、肥満や食生活から来るすべての慢性疾患の増加と同じような道筋を辿っていることは驚くに当たらないだろう。

⑧ The rise of fast food and the decline in home cooking have also undermined the institution of the shared meal, by encouraging us to eat different things and to eat them on the run and often alone. Survey researchers tell us we're spending more time engaged in "secondary eating," as this more or less constant grazing on packaged foods is now called, and less time engaged in "primary eating" - a rather depressing term for the once-venerable institution known as the meal.

ファストフードの隆盛と家庭料理の衰退も,私たちが別々のものを食べ,手早く,多くの場合,1人で食べるよう促すことによって,食事を共にする慣習を損なってきた。調査した研究者たちの言うところによれば,私たちは,加工食品をほとんど絶え間なくだらだらと食べる,今の呼び名である「二次摂食」にふける時聞が増え,「一次摂食」---食事として知られる,かつては尊敬に値した慣習に対するいくぶん気の滅入る用語---にかける時聞が減っている。
⑨ The shared meal is no small thing. It is a foundation of family life, the place where our children learn the art of conversation and acquire the habits of civilization: sharing, listening, taking turns, navigating differences, arguing without offending. What have been called the "cultural contradictions of capitalism" - its tendency to undermine the stabilizing social forms it depends on - are on vivid display today at the modern American dinner table, along with all the brightly colored packages that the food industry has managed to plant there.

食事を共にすることは決して些細なことではない。それは子供たちが会話の方法を覚え,文明社会の習慣--伝え合い,耳を傾け,順番に話し,違いを乗り越え,怒らせずに議論すること--を身につける場所であり,家庭生活の土台である。「資本主義の文化的矛盾」と呼ばれてきたもの--自らが依存する安定化効果のある社会形態を損なう傾向--は,今日,現代アメリカの食卓に,食品産業がどうにかしてそこに持ち込んできた,ありとあらゆる鮮やかな色のパッケージと共に,まざまざと示されている。

⑩ These are, I know, large claims to make for the centrality of cooking (and not cooking) in our lives, and a caveat or two are in order. For most of us today, the choice is not nearly as blunt as I've framed it: that is, home cooking from scratch versus fast food prepared by corporations. Most of us occupy a place somewhere between those bright poles, a spot that is constantly shifting with the day of the week, the occasion, and our mood. Depending on the night, we might cook a meal from scratch, or we might go out or order in, or we might "sort of" cook. This last option involves availing ourselves of the various and very useful shortcuts that an industrial food economy offers: the package of spinach in the freezer, the can of wild salmon in the pantry, the box of store-bought ravioli from down the street or halfway around the world. What constitutes "cooking" takes place along a spectrum, as indeed it has for at least a century, when packaged foods first entered the kitchen and the definition of "scratch cooking" began to drift. (Thereby allowing me to regard my packaged ravioli with sage-butter sauce as a culinary achievement.) Most of us over the course of a week find ourselves all over that spectrum. What is new, however, is the great number of people now spending most nights at the far end of it, relying for the prepondlerance of their meals on an industry willing to do everything for them save the heating and the eating. "We've had a hundred years of packaged foods," a food-marketing consultant told me, "and now we're going to have a hundred years of packaged meals."

これらは料理すること(そしてしないこと)を生活の中心とすることに寄与する大きな要因であるのは確かだが,少し補足説明が必要だろう。今日では、私たちの大半にとって,その選択は私が述べてきたような,すなわち,1から作る家庭料理と企業が工場で作ったファストフードの二者択一できっぱり決められるものではない。私たちのほとんどはそうしたはっきりとした両極の間のどこか,曜日や機会や気分によって絶えず変わる場所に位置する。夜はそのときによって1から料理することもあれば,外食したり,出前を頼んだりすることもあれば、「ある程度」料理することもある。この最後の選択肢は,食品産業経済が提供する多様で極めて有用な手っ取り早い半加工食品,すなわち冷凍庫内の袋入りのホウレンソウ,食料棚内の天然サケの缶詰,近くの店、もしくは地球の裏側から来た箱入りのラビオリを利用することを伴う。「料理」を構成するものはスペクトラムにそって行われ,加工食品が初めて台所に進出し,「1から料理すること」の定義がぶれ始めた,少なくとも1世紀前から実際そのように行われてきた。(だから,私が箱入りのラビオリをセージバターソースで和えることを,料理の成果と見なすことを許してもらえるのだ。)私たちのほとんどは1週間の聞に(料理法の)全領域をカバーしていることに気づく。ただし,目新しいのは,大勢の人が今やほとんどの夜をその(領域の)遠い端っこ,つまり「ある程度」の料理をすることで過ごし,温めることと食べることを除く,あらゆることを進んでやってくれる産業に,食事の大多数を頼っていることである。「加工食品が登場して百年になります」ある食品マーケティングコンサルタントは私に言った。「これからは百年にわたって加工食事の時代が続くでしょう。」

⑪ This is a problem - for the health of our bodies, our families, our communities, and our land, but also for our sense of how our eating connects us to the world. Our growing distance from any direct, physical engagement with the processes by which the raw stuff of nature gets transformed into a cooked meal is changing our understanding of what food is. Indeed, the idea that food has any connection to nature or human work or imagination is hard to credit when it arrives in a neat package, fully formed. Food becomes just another commodity, an abstraction. And as soon as that happens we become easy prey for
corporations selling synthetic versions of the real thing - what I call edible foodlike substances. We end up trying to nourish ourselves on images.

これは問題である一私たちの体、家族、共同体、国土の健康にとってだけでなく,いかに食べることが私たちを世界と結びつけるかという感覚にとっても。未加工の食材が調理された食事に変わるプロセスとの直接的,物理的かかわりから離れていくことが,食べ物とは何かということについて,私たちの理解を変えつつある。実際,食品がきちんと包装され,すっかりでき上がった状態で届くときに,食べ物は自然あるいは人間の作業や想像力と「なんらかの」つながりがあるという考えを信じるのは難しい。食べ物は単なるもう1つの商品,抽象概念となる。そして、そうなったとたんに,私たちは実物の模造版一私が食べられる食品みたいな物質と呼ぶものーを売る企業の恰好の餌食となる。私たちはイメージで栄養を摂取しようとするまでになってしまった。

⑫ Now, for a man to criticize these developments will perhaps rankle some readers.  But that's not at all what I have in mind. I've come to think cooking is too important to be left to any one gender or member of the family; men and children both need to be in the kitchen, too, and not just for reasons of fairness or equity but because they have so much to gain by being there. In fact, one of the biggest reasons corporations were able to insinuate themselves into this part of our lives is because home cooking had for so long been denigrated as "women's work" and therefore not important enough for men and boys to learn to do. 
さて,男性がこうした展開を批判することは,一部の読者をいらだたせるかもしれない。一部の人の耳には,男性が料理の重要性について語るたびに,その人が時計を逆戻しにして,女性を台所へ戻したがっているように聞こえる。だがそれは私の考えとは全く違う。私は,料理は非常に重要なので家族の一方の性,あるいは1人に任せることはできないと考えるようになった。公正や公平のためだけでなく,台所に入ることで得るものがとても多いからこそ,男性も子供も台所に入るべきなのだ。実際,企業が私たちの生活のこの部分にうまく入り込むことができた最大の理由のひとつは,料理が長い間「女の仕事」として見くびられ,それゆえに,大人であれ子供であれ,男が学ぶだけの重要性はないと過小野価されてきたことである。

⑬ Though it's hard to say which came first: Was home cooking denigrated because the work was mostly done by women, or did women get stuck doing most of the cooking because our culture denigrated th•e work? The gender politics of cooking are nothing if not complicated, and probably always have been. Since ancient times, a few special types of cooking have enjoyed considerable prestige: Homer's warriors barbecued their own joints of meat at no cost to their heroic status or masculinity. And ever since, it has been socially acceptable for men to cook in public and professionally - for money. (Though it is only recently that professional chefs have enjoyed the status of artists.) But for most of history most of
humanity's food has been cooked by women working out of public view and without public recognition. Except for the rare ceremonial occasions over which men presided - the religious sacrifice, the July 4 barbecue, the four-star restaurant - cooking has traditionally been women's work, part and parcel of homemaking and child care, and therefore undeserving of serious - i.e., male - attention.

とはいえ,どちらが先だったかはわからない。家庭料理が見くびられたのは,その作業が主として女性によって行われたからなのか,それとも私たちの文化がその作業を過小評価したから,女性が料理のほとんどを押しつけられたのか。料理をめぐる男女の駆け引きはとりわけ複雑であり,おそらく昔からずっとそうだった。古来,特別な種類の料理がかなりの栄誉を得てきた。ホメロスの戦士たちは,自分たちの大きな肉片を焼いたが,英雄の地位や男らしさは損なわれることはなかった。それ以来,男性が人前で職業として,お金のために料理することは社会的に容認されてきた。(とはいえ,プロのシェフが芸術家の地位を得たのはごく最近のことである。)だが歴史の大半において,人間の食物のほとんどは,女性によって公の目に触れないところで,公に認められることなく料理されてきた。男性が主宰するまれな祭典行事(宗教的供え物,7月4日(独立記念日)のバーベキュー,4つ星レストラン)を除いて,料理は伝統的に女性の仕事であり,家事と育児の聖書であり,したがって真剣な-すなわち,男性の-注目には値しなかった。

⑭ But there may be another reason cooking has not received its proper due. In a recent book called The Taste for Civilization, Janet A. Flammang, a feminist scholar and political scientist who has argued eloquently for the social and political importance of "food work," suggests the problem may have something to do with food itself, which by its very nature falls on the wrong side - the feminine side - of the mind-body dualism in Western culture.
だが、料理が正当な評価を受けてこなかったことには,もう1つの理由があるかもしれない。『The Taste for Civilization 文明への嗜好』という近刊において,フェミニスト学者および政治学者で, 『フードワーク(食料労働)』の社会的・政治的重要性を雄弁に訴えてきたジャネット・A・フラマンは,問題は食物自体に関係があると示唆する。食物はまさにその本質により,西洋文化の精神と肉体の二元論の悪い面-女らしい側-に位置するというのである。

⑮ "Food is apprehended through the Senses of touch, smell, and taste," she points out, "which ranlk lower on the hierarchy of senses than sight and hearing, which are typically thought to give rise to knowledge. In most of philosophy, religion, and literature, food is associated with body, animal, female, and appetite - things civilized men have sought to overcome with knowledge and reason." Very much to their loss.

「食物は触覚,嗅覚,味覚という五感を通じて感知される」と彼女は指摘する。「味覚は,感覚の序列では一般的に知識を生み出すと考えられる視覚と聴覚より下に位置する。哲学, 宗教,文学の大半において,食物は肉体,動物,女性,食欲--教養のある男性が知識と理性によって克服しようとしてきたもの--を連想させる」。彼らが失ったものは計り知れない。

関連記事

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ