中央大学法学部の英語;難易度は?


中央大学法学部(2020)
英語Ⅷの第三段落
By his own estimation, he was not only idle but slow-witted. 
His intelligence could not penetrate the slightest cloud
: 'There is no subtlety so empty that it will not confuse me
Of games in which the mind has a part-chess, cards and others 
I understand nothing but the barest details.' 
He took time to understand
; he also had a 'weak imagination' and a 'slow mind,' neither of which was helped by his lack of recall
All his faculties worked sleepily together, snoring gently.
試訳;
彼は、自分で考えても、怠惰なだけでなく、頭の回転も遅かった。
彼の頭では、どんなに簡単な問題も解くことはできなかったろう。
「(                             )。
頭を使うゲーム、チェスやトランプなどでも、
私は(                           )」。
彼は理解するのに時間がかかった。
彼は、また、(                      )。
彼がどんなに頑張っても、結局眠くなり、気持ちよさそうによくいびきをかくのだった。
関連記事

| 上北沢・哲英会(個人塾)連絡用ブログ ホーム |

▲TOPへ